相場分析(トレードプラン・振り返り)

【19年7月第4週ー8月1週】ドルスト相場分析

今週は営業日ベースで
ちょうど7月と8月が分断される週ですね

いつもと何が違うかというと
月足の確定があるという事です

この影響でプランの修正が生じることもあるので
経済指標などのイベントとの兼ね合いも意識しながら
相場を追っていきたいと思います

【現在保有中のポジション】
GBPUSD S(+380pips)
USDJPY L(+130pips)
EURUSD S(+50pips)

詳細はこちらのツイートを参照

【注目するイベント】

7/30(火)
12:00頃 [日] BOJ政策金利
15:30  [日] 日銀総裁発言

7/31(水)
10:30  [豪] 消費者物価指数
21:30  [加] GDP
27:00  [米] FOMC政策金利利下げの示唆あり)

8/1(木)
17:30  [英] 製造業PMI
20:00  [英] BOE政策金利
23:00  [米] ISM製造業景況指数

8/2(金)
10:30  [豪] 小売売上高
21:30  [米] 雇用統計(カナダ失業率は発表ナシ)

今週見立ての映像

この動画のタイムテーブル

※リンクをクリックすると各通貨の分析映像に直接ジャンプします

00:57 EURUSD分析
04:19 GBPUSD分析
08:35 USDJPY分析
10:17 AUDUSD分析
11:43 NZDUSD分析
14:13 USDCAD分析
16:06 まとめ~ドル高方向での基本方針~

各通貨の相場分析(19/7/29)

DLなどの各種略称の意味が分からない人は
『このページ』もご確認ください

【EURUSD】

方向性:ショート目線様子見
信頼度:C

W/直近安値の下抜けに
成功するかは今週の動き次第だが
今月の確定足がMOより下で終われば7月足の包み線確定

現在位置から新規のポジションは難しいが
W/直近安値下値抜けからショートを狙っていきたい

想定W/直近安値下抜けでのショートエントリ
反証想定ラインでサポートされた場合見送り

【GBPUSD】

方向性:ショート
信頼度:B

EURUSDと異なるのは
W/直近安値D/直近安値の下抜けが確定している点
かなりショート優勢な局面になっている

想定:深めの戻しからショート or そのまま下降波形成

【USDJPY】

方向性:様子見
信頼度:-

M1ライン周辺での反応待ち
ここがレジスタンスとして機能する兆候が確認できれば
現在保有中のポジションの決済も検討

【AUDUSD】

方向性:ショート目線様子見
信頼度:C

D/押し安値を下抜けてから戻しも入らず落ち続けており
非常に売りづらい

今後の動きの理想は
少々深めに戻しが入ってからのショートエントリー

【NZDUSD】

方向性:様子見
信頼度:-

AUDUSDと目線を揃えるには
D/押し安値は切って欲しいところ

よってこれを無理に監視する必要は無いと判断

【USDCAD】

方向性:ロング
信頼度:B

D/戻り高値上抜けから押しを待っていたが
ようやく、押しが入りそうな波形を作りつつある

想定:押し目待ち(一番深くてH4/押し安値≒W/上昇起点候補
反証H4/押し安値下抜けによるUT崩壊

各通貨の相場分析(19/7/30)

DLなどの各種略称の意味が分からない人は
『このページ』もご確認ください

【EURUSD】

方向性:ショート目線様子見
信頼度:C

特にサポートに当たったわけでもないが夜中にダラリと上昇

監視プランは引き続きそのままで

ショート玉はスワップがプラスなので決済位置を建値に移動して
そのまま放置。ゆったり構えておく(笑)

【GBPUSD】

方向性:ショート
信頼度:B

LN時間中も監視はしていたが、だらだらと手掛かりなく
下がって行ったため手を出さず

そのまま夜中にかけて年初来最安値YLもすべて下抜け
ショート玉の節目と思われる一昨年始値も突破している状況

少々想定と違ったが、目標には到達したので
更に一部玉の分割決済(+530pips

ここからはショートもスイングではなく、短期的な売りに切り替えて監視

【USDJPY】

方向性:ロング方向様子見
信頼度:C

7月確定足がM1を超えて終わるか
ブレイク失敗かが焦点

残り2営業日。手は出さずに監視の方針

【USDCAD】

方向性:ロング
信頼度:B

待ち方は先日のプランをそのまま適用

但し、明日(7月31日21:30 カナダGDP発表あり)

想定:押し目待ち(一番深くてH4/押し安値≒W/上昇起点候補
反証H4/押し安値下抜けによるUT崩壊

【GBPJPY】

方向性:様子見
信頼度:-

今、非常に面白い位置に現在値がある通貨

M/上昇起点のサポートラインにプライスが到達しており

ここで反発するか?するならどんなプランでロングを考えるか
下値抜けて7月足確定になるか

すぐトレードではないが、注目に値する通貨

各通貨の相場分析(19/7/31)

DLなどの各種略称の意味が分からない人は
『このページ』もご確認ください

今日は7月最終日(月足確定)&FOMCという特殊な日なので

方向性と大雑把な流れを把握したうえで、新規ポジションを取るのは
『決まった流れに乗る』前提で考える

理想は現在の『ドル高』前提とした目線が維持されることだが
今回のFOMCは利下げ示唆などが相場にどう
影響するか、まったく読めないので

想定が崩れたときの対処が重要になる
(今回の場合、保有ポジションの分割決済は完了しているので、最悪建値撤退で逃げる)

<ポジション管理>

7/31 11:00 USDJPY L玉決済(+120pips
詳しくはこちらのツイート参照

【EURUSD】

方向性:ショート目線様子見
信頼度:C
見立て映像

監視プランは従来通りW/直近安値下抜けに注目

現状はダラダラ上昇しているが、これが続くようなら保有ポジションは
建値決済で切る予定

【GBPUSD】

方向性:ショート
信頼度:B
見立て映像

下落の勢い止まらず

短期調整の典型的な形ができているので
デイトレベースの短期ショートは可能性アリと見て
一応監視する

【NZDUSD】

方向性:ショート方向様子見
信頼度:-
見立て映像

映像中でも話していたロングプランは
D/サポートを下抜けてしまったので取り下げ

本来のドルスト見立てに沿ってショート目線固定とするが
形ができるまでにはまだ時間が掛かる

【USDCAD】

方向性:ロング
信頼度:B
見立て映像

どこで押し目を作るのかに注目

まだ下落の流れを崩していないので
候補ラインに到達したからと言ってフライングは禁物

各通貨の相場分析(19/8/1)

DLなどの各種略称の意味が分からない人は
『このページ』もご確認ください

7月足確定&FOMC受けてドル高維持

【現在保有中のポジション】
GBPUSD S(+600pips)
EURUSD S(+100pips)

【EURUSD】

方向性:ショート目線様子見
信頼度:B
見立て映像

現在安値更新中のところ、邪魔なサポートも無いので
保有ポジションはそのままキープ

一旦調整上昇が入る事を想定し、戻り売りでの増し玉狙い

【GBPUSD】

方向性:ショート
信頼度:B
見立て映像

下落の1波に乗る以外選択肢が無いチャート(笑)

BOE政策金利(20:00)との兼ね合いもあるので
ポジションを取るとしてもその後になると思うが
一番シンプルに考えるなら
DL(=ML)カットからH4以下トレンド一致
のエントリー

プルバックを想定するなら明日の雇用統計もやり過ごして
来週以降に仕掛けていきたいところ

【NZDUSD】

方向性:ショート
信頼度:B
見立て映像

D/押し安値を切ったことで目線はショート方向へシフト
以後はこのまま次のサポートまで下値を伸ばしにいくか
一旦プルバックが入って直近安値を作るか

明日の雇用統計の兼ね合いも考慮して監視

【USDCAD】

方向性:ロング
信頼度:B
見立て映像

昨日の押し目の位置は想定通りだったが
監視できないタイミングだったのでエントリーはできず

以後は追いかけのロングになるので
H4/直近高値上抜けから
なるべく深い押し目を買っていきたい

(20:00現在、H4/直近高値はすでにブレイク確定)

各通貨の相場分析(19/8/2)

DLなどの各種略称の意味が分からない人は
『このページ』もご確認ください

昨日1日は静観に徹しましたが
一部通貨に大きな(?)波乱があったという感じで
雇用統計はまだこれからという時でもあるし
こういう場面で手を出してやけどしないようにしたいですね

【EURUSD】

方向性:ショート目線様子見
信頼度:B
見立て映像

プルバック待ち

イベントの不確定要素もあるので
深さまでは読みづらいが、反証ポイントだけは整理しておく

想定D/下降起点へのプルバック
反証:戻さず下落 or H4/戻り高値上抜け

【GBPUSD】

方向性:ショート
信頼度:B
見立て映像

大筋の監視プランは大きく変わらないが
EURUSD同様、プルバックからのショート方向で検討

かなり一方的に下げ続けの展開なので
一旦上昇してもらった方が売りやすい

ただし、H4/戻り高値を上抜ける場合は
『深い戻し』と想定して、短期足のトレンドが回帰するのを時間かけて待つ

【USDJPY】

方向性:様子見
信頼度:−

M2ラインでの決済(<ポジション管理参照>)

一時は上方向にプライスを伸ばしたものの
寝て起きてみればM2ラインに逆戻り

少々思っていた形とは違うが
やはり節目レジスタンスは無視できなかった模様

要因はトランプ大統領の発言が背景という見方が多数で
大筋は間違っていないのだろうと思いますが

あくまでチャート上での僕らの所感は
『レジスタンスあるんだから、それが機能しただけの事だろう』
という事です

今回のUSDJPYに限らず、あらゆる事象はチャートの中で考察
することが、僕らの一貫したスタンスです

以降は
・このレンジ圏内で停滞するのか
・さらに下値を掘るのか

方向性の見極めを行います

【NZDUSD】

方向性:ショート
信頼度:B
見立て映像

このまま下落が続くと非常に売りにくい

一度短期足レベルのDT崩壊程度にプルバックした上で
長期と短期のトレンドが一致するところからショートエントリーを仕掛けたい

【USDCAD】

方向性:ロング
信頼度:B
見立て映像

先日の押し目をつけて上昇から
一気にW/下降起点のレジスタンスまで上昇

今日の動きでこのレジスタンスを抜けてさらに上昇するか
一旦上げ止まってレンジを形成するのか

雇用統計の前後の動きを観察
(ちなみに今夜は裏にいつもある加/失業率の発表は無し)

クロガキスタイルトレード 『無敗最速』の秘訣 をお教えしましょう

僕らが日々の相場分析・トレードを実演している中で

取ったポジションがみんな利益確定で終わる

月々プラス収支が当たり前

なぜそんなトレードが可能なのか?

TwitterやYouTube、ブログ記事の中だけではお伝えし切れない
僕らの考え方のすべて
このメールのなかで無料公開します。

エントリーするたびに、毎回損切り貧乏で終わる

自分のエントリーが後ろから見られてるんじゃないかと思うくらい
全然勝てない・・・

もっとトレードでの収支を安定させたい

そもそも、どうやって勉強すればいいのかわからない

段階によって様々な悩みがあると思いますが

このような、あらゆるレベルでの悩みにお答えする内容をお伝えするのが
この裏メルマガです。

▼主な配信内容▼

日々公開している相場分析のより詳細な解説

裏メルマガ限定の解説映像分析チャート

トレーダーとしての進化をさらに促進する
裏メルマガ限定クイズ企画(不定期)

月に一回更新するクロガキ
実トレードレビュー(分析チャート)へのアクセス権利

その他、表に出したらトンデモナイこと(?)になる内緒の話(笑)

他、色々思いついた面白いことは

この裏メルマガからスタートさせていきます。

登録後も、要らなくなったらいつでも配信解除が可能ですので
まずは興味が湧いたら、気軽に登録してみてくださいね。

無敗最速 裏メルマガ 登録フォーム